みつろぐ

毎週木曜朝8時更新
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 2013年を振り返り、感じたこと。TOP社会への不満 ≫ 2013年を振り返り、感じたこと。


【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中!【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中!
ここからみつのイノセンス  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2013年を振り返り、感じたこと。

立場の強いタイプの女性キャラクターって居ますよね。
お嬢様とかではなく、天才タイプで勝てる気のしないキャラクター。
僕はそういうキャラクターが大好きです。

で、そういうキャラクターっていざHシーンになると、凄く感度が良かったり、緊張したりで、受け側になるみたいなお約束がありますよね。
ギャップ萌えって奴ですね。

別に僕はそれ自体は否定しませんし、一つくらいあっても良いとは思うんですけど、







何故



Hシーンが



1つだけの



ルートで







































理 解 に 苦 し む



そういうのが好きなタイプの人に取っては最高なのだろうけど、ハッキリ言ってきついよ………。

せめて、
せめてね、
一回目の挿入では女の子の方から攻めてくれて、そのプレイが終わってから、「ふぅ~…」ってなっている女の子を、まだ満足出来ていない主人公がガンガンハメるみたいなね?

女の子「えっ、えっ!?ちょっと、今は……~~~っ///」
みたいなね?


主人公が攻めに徹するシーンに対して、逆のシチュエーションがあまりにも少なすぎない?と思うわけですよ。僕は。

2014年はもっと僕の睾丸と"通じ合える"ゲームに出会いたいと思います。


嬉野さんに「気持ちいいですか~?」とか言われながら手コキされたい。

Fin
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。